スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次女3ヶ月の生活パターン と 毎日のたべること

IMG_9804.jpg
おっぱい待ちだったりてもちぶさたなときにおててたべるのでちゅ。



すくすくすくすく。
ものすごい勢いで成長中な3ヶ月の次女。
最近はきょうだいたちがちょっぴりうっとおしい時に
「うぁーー!」と大声で叫んでやめてと訴えています。
もうしっかり声を発して主張するのですねー。

そして相変わらずものすごくリズムある暮らしをしています。
朝は4時5時に起床。
もう少し寝ていて欲しくて無理におっぱいで寝かしつけようとしても眠りません。
日中は騒がしいリビングでも昼寝をしたり、おもちゃに手を伸ばして揺らして遊んだり、
きょうだいに遊んでもらったり、絵本「おひさまあはは」をやっぱり喜んだり。
夕方は5時には体が冷えてくるので、お風呂ーー!!!と大騒ぎ。
なのに私がおっぱいをあげてみたり、おまるに捧げてみたりすると、
もーー怒る怒る。
あーやっぱりお風呂ね。と声をかけて洋服を脱がせ始めると
「うっきゃー!!!」と大喜びしながら手足をバタバタさせるものだから
ずんずん上にずり進み、マットから落ちそうになってしまいます。
体を温めたら大満足。
と、たちまち「お腹もすいたし喉も渇いたしーー!!!!」と大騒ぎ。
それまで吸い付こうともしなかったおっぱいにものすごい勢いで吸い付き、
ごーごー飲みます。飲みながら眠ってそのままリビングで眠ることも時々あるけれど、
たいていは「もうお布団に寝転がって眠りたいのよーー!!」と大騒ぎ。
ハイハイ とお布団へお連れして添え乳であっという間にねんねんコロリン。

そんな感じで夜7時か8時に本寝。
3時間や4時間ごとにおっぱいやおしっこで起き、そしてまた朝4時5時に起床。
彼女の体内時計は素晴らしいです。
おかげで私も一緒にリズムある早寝早起き暮らしを続けて毎日気分爽快!





IMG_9807.jpg
うーん 狭いリビングにいつもわさわさー。いつまでも小さければいいけれど…笑





毎日大食いたちの3食+おやつに頭を悩ませていました。
彼らはとんでもなく食べる。
長女は2歳の女の子なのに、これまた大食いで兄たちにもつられて食べる食べる。
朝のうちに朝と昼の支度は簡単にできるようになってきたのですが、
まだ夕食まで気が回せなかったのです。ただでさえ夕方はバタバタなのに、ちょっとおでかけしたり来客があったりすればもーー大変なことに。
けれどそういう日々をもう1ヶ月は送っていて、いまだにそんなバタバタイライラ状態を過ごしているなんてバカだなーということにやっと気付きました。
そんなわけで、今日はめでたく朝のうちに朝昼晩のメニュー決めと下ごしらえを完了!
毎日「あー今日の夕飯は何にしようー。あー。もうーー」なんて考えている時間が長くて
随分とそれにとらわれてストレスある暮らしをしていたのです。
これは精神状良くない。子どもたちにも被害を及ぼす始末。
次女が誕生してからは、自然と宅配でほぼ食料を調達し、パン屋さんにも行くことすらなく
加工品のほとんども買うこともなく、全ててづくりで過ごしてきています。
昨日は「もうやーめたー!」なんて喉まで出かかっていたくらいなんだかげんなりしていました。

そして今朝久しぶりに覗いたあな吉さんのblog。
この記事が何だかものすんごく今の自分にヒットして気持ちがゆるーっとなれました。
簡単に楽しくおいしく そして遊びたいのだー。あな吉さんよろしくですー!という感じ。笑
5人のホームスクーラーたちの日々のごはんは、それほど私に負担になってきていたのです。
外食もまたしたいし、いただきものやおよばれものは市販のおやつなんか頂きます。
子どもの成長と共にそういう機会もぐんと増えるもの。
だから母親の私が提供するたべものは、やっぱりかんたんであってもてづくりしていきたいなーと思っています。
安心で愛情たっぷりでおいしいごはんとおやつを子どもたちに「パパッと」提供できて、パパッとにより生まれるゆとりと自由時間で、めいっぱい充実した親子時間を過ごしていきたいな。



↓次男が自分でお料理を作りたくなった一冊。

あな吉さんのゆるベジ料理教室あな吉さんのゆるベジ料理教室
(2008/01/21)
浅倉ユキ

商品詳細を見る



↓発売と同時に手に入れた最新刊。
あな吉さんの初のおやつ本。
毎日のおやつはおむすびや蒸かし芋とかだけど、
こんなおやつならごはんのように食べられる。

あな吉さんのゆるベジ焼き菓子教室あな吉さんのゆるベジ焼き菓子教室
(2010/03/19)
浅倉 ユキ

商品詳細を見る



パパっと作りたいときや、次男のお料理本として大活躍中★


関連記事

Comment

fu | URL | 2010.04.28 15:20
こんにちは、はじめまして。いつもパワーと優しさをいただいてます。お元気でないのが気にかかり、コメントさせていただきました。
幕内秀夫さんの「子どもこんだて」「子どもレシピ」という本はご覧になられたことありますでしょうか?「基本はごはん+みそ汁+漬物+お茶(お水)それに常備食と晩御飯には魚介類、豆・種子類、卵いずれかのおかず」どれもシンプルで簡単なこんだてが載っています。
あな吉さんのように卵とだしも使わないというものではないですが、ご参考になれば。
我が家も男の子2人。主人も含め家族で大食いです。成長とともにガンガン月のお米の消費量が上がっています(笑)
rico | URL | 2010.04.28 15:54 | Edit
あー、夕食の献立で悩むイライラわかります~><
いっそのこと何か買いに行こうか!なんて思う日も度々…。
でも、やっぱり添加物のこと考えると手作りしなくっちゃ!って思うんですよね。
実際、お惣菜やレトルトや、買ってきたものっておいしくないんですもの。
味が濃かったり、変な味がしたり。
だからやっぱり手作りでって思っても、体や時間がついてこなくって、
今でもお昼すぎるとどうしよう、どうしようってあっという間に夕方に^^;
私もなんとかしなくっちゃと思う日々でした。

紹介してくださってる本、手にとってみたいです!
特におやつは毎日悩みどころなんですもの。
ゆる~い感じがいいですね♪

lucca | URL | 2010.04.28 17:28
★fuさんへ

わー初めまして!心配していただいていたなんてーー。ありがとうございます。嬉涙
私ってば、もうものすっごいぐうたらなんですよー。汗
なので最近の早起きぶりと家事のこなしぶりは自分の中では革命的なものなのです。笑
でもやっと当たり前に動けるようになっただけなので、まだちょっと、、、体が慣れずにいまして。ごはんを食べたばかりなのに「お腹すいたーー!!ごはんなに!?」を2時間ごとくらいに繰り返されたりしてかなりダレダレになっていました。笑 

幕内さんの本、我が家にも何冊かあります!とても良い本ですよね!
長男だけのころ、まだそれほど何も考えずに普通にお料理をしていた時に出会った本で、当時は目から鱗がポロポロ落ちて、こんなシンプルでいいのだ!!ととても嬉しかったことを覚えています。けれどきっと私は基本的にアレンジ下手なんでしょうね。レパートリーがまだまだ少ないのがいけないと思います。子どもご飯だけなら良いけれど、アテ食いのパパのアテに頭を悩ませ…とはいえお料理は楽しくって大好きです。が、はまりすぎて台所から出てこなくなってしまうのもまずい。。。と最近気付いたわけでもあって。笑

覚悟はしていますが、男の子は本当に女の子の3倍は必要ですね!この小さな時期でこれなので、食べ盛りになった頃を思うと… いや、まだ考えないことにします!笑

また子どもこんだて本、引っ張り出してきて見返してみます*^^*
本当にどうもありがとうございます♪
少しはかしこい主婦になれるように日々奮闘中ーです^^


lucca | URL | 2010.04.28 17:34
★ricoさんへ

わーーやっぱり同じ!?
ちょっと嬉しいー!笑
ほんとねー、毎日「あーーー今日はなに作ろう~。誰かつくってくんないかなー!」
なんてことばっか考えてる時期が定期的にやってきます。笑
そうそう、うちも特に私がバテてた夏とかに夕方もうやる気がなくなってしまって
お弁当買いに言ったり、お惣菜探してみたり、、でも結局ちょこっと頑張って作った方が良かった…ってことが多々!経済的じゃないし。
でもやっちゃうんですよね、時々。笑
お料理は楽しいけれどー、、365日ほとんど休みなしで3食+αを一生~!?とか思うと…すごいですよねーー。生きるには食べなくちゃならないんだものねー。
でもやっぱりかしこく時間も浮かしたい!って時に知ったあな吉さん。彼女の発想がすっごくオススメです♪

お互いがんばりましょう♪笑

Ciely | URL | 2010.04.29 04:17
私も一緒に共感させて~~!(笑)
分かるー!分かりすぎるーー!!

添加物はいやだけど作る時間がない、時には材料すらない。なんて事があるのよ。
「なんとかの素」を使えば簡単に一品できるんだけど手は出したくないし。
かと言って一から作るには時間的にも精神的にも余裕がないって日々が続いてたのよ。

「時間はないけど、添加物はイヤ」って我儘なのかなーって悩んだり。
あと、次男の好き嫌いの多さが一番のネックかなー。(涙)
毎日毎日メニューをしぼり出すのが苦痛で。
luccaちゃんの記事で、あな吉さんの存在を思い出して、「それがあった!」てハッとしたよ。
もともと野菜嫌いな次男が生まれてからはホント毎日フープロのお世話になってたんだけど^^;

効率よく「体に優しいごはん」が続けられる方法。できることならバラエティ豊富に。
余裕ができた今のうちに我が家の鉄板レシピになりそうなのを開拓しておこう!

たくさんのホームスクーラーに囲まれて過ごすluccaちゃん。かけがえの無い幸せな時間を過ごしているのに間違いはないのだけれど、
給食は無いもんね!^m^
ホント尊敬しちゃうよ。
頑張ってね!!
lucca | URL | 2010.04.30 07:09
★cielyちゃんへ

きゃーーん共感ありがとうーー!
だよねーだよねー。
ほんと時折むしょうにこれ以上ないってくらい手抜きをしたくなるのよー。
ま、私の体力のなさが一番の原因なんだけど。
色んなところで防ぎようのない農薬や添加物やを十分摂取するんだし、
自分の手で作るものくらい質素でも♪って楽しく作っているけれど、
日々の献立は主婦の悩みの種よね!そう!でもってうちも好き嫌い激しくってー…
娘が今のところ割と何でも食べてくれるんだけど、やっぱりほんと楽だものー。
とにかく私も夕方が迫ってくる時に「あー晩御飯どうしようー」ってうだうだ考えるのがもううんざりだから、ひとまずは出来る日は朝のうちに下ごしらえと1日の全メニュー決めをはじめたよー♪毎日目覚めて布団の中でする朝読書は、お料理本に変更したわ!笑
でもってフープロにもお世話になりまくって楽しいご飯作り♪ま、昨日からだから、テンションが急降下する時期とかにはそれすら出来なくなってそうだけど。笑
一緒に開拓してこーー!いいのあったら教えてね!
うふふ。給食、ないのよねーん*^^* でもお弁当のところもたくさんだものねー。


Comment Form
公開設定

プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。