スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の東大寺へ



19日、京田辺へ行った帰りに奈良の東大寺へ寄り道しました。
はじめは奈良公園で鹿をちょろっと見て。という軽いのりだったのですが、
ちょっと歩けば東大寺という距離だったので、しっかりと観光していくこととなりました。



IMG_2896.jpg


もうあちらこちらに 鹿!鹿!鹿!
とてもおとなしくて本当にひとなつっこい。
鹿せんべいをあげると手まで食べられそうな勢いでやってくるので
次男と三男は半泣きしてしまいました。笑
ムスメは手にもった鹿せんべいをがしっと掴んで離しません。
自分が食べてはいけないことは、私とばあちゃんの顔を見て
理解しているようですが、隙を見てはふーっとせんべいを口に持っていく。
それに気付いた私が「あっ!」と見ると「びくっ!!」として
首をふりふりふりふりふり。
それを延々と繰り返して、ちびりちびり食べていく様子がほんとおかしくて。
最終的には本当に食べてしまいそうだったのでさっと取り上げましたが。
これ、ひとが食べてもいけるのかな?






IMG_2870.jpg


いつぶりでしょう!東大寺。
必ずいつでだかの遠足で訪れているはずですが…

東大寺大仏殿は、世界一大きい木造建築物だということ。
ほんっと大きい。
これを1000年以上前に作られただなんて。



IMG_2874.jpg



やっぱりおっき~~!!
てのが写真じゃちっとも伝わらない!
大仏の頭上に見える天井のマス目の広さはなんと
4畳半ほどあるというのだから、すごい。



IMG_2883.jpg IMG_2879.jpg


大仏の脇にこんな蝶が…
肢が8本。。



東大寺境内は本当に広くて、この日は大仏殿だけ。
ムスメを朝からずっとずっと抱っこなので、とっても疲れた。
こんなにスリングでムスメを抱っこしたのは初めて。

それにしてもすごく意外だったのが、まだ1歳にもなっていないムスメが
のすごーく真剣に大仏殿の中を見渡しては
私にずっと「だーだー!」と何か話し掛けてきたことでした。
何にも関心を示さずにぼーっと、またはいつものように「ばいばーい」と
違う場所へ行こうと催促してくるのが普通だと思っていたので
小さなムスメがこんなに興味を示すとは思っていませんでした。
やっぱり何か感じるものがあるんでしょうね。
理屈も分からない小さな頃でも、こんな風に大人の私たちには理解できないところで
色んなことを感じとっているんだろうな。
こういうことからも、出来るだけ親子で色んなものを自分たちの目で見ていきたいなーと思うのです。



IMG_2743.jpg IMG_2838.jpg IMG_2844.jpg
 
 

それにしてもものすごい人人人。
息子たちとはぐれないようにしながらの移動するのが
これまた大変。
大仏殿で度々三男とはぐれてはその度にどっきどきしたのでした。涙






関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。