FC2ブログ

出産体験記録 vol2.





出産体験記録vol1.のつづきです。
そんななか今まで少し私を避けていた三男がにこにこしながら部屋に入ってきて私のところへやってきました。
昨日の朝から突然「いや」という言葉が出始めていた三男。
今まで「~~しいやー」という言葉かけにもすぐに答えてくれて困ったことは一度もなかったのに、
本当に突然「服着るからこっちにおいで」といっても固まって動かなくなってしまったり
何を言っても「いや」と言うようになったりしていたのです。
あぁもういよいよ4子が生まれてこようとしているんだなとおしるしより前に彼の態度が示してくれていました。
そんな三男。なぜかこのときは私に甘えてきてふざけたりはしゃいだり。
4子を迎える寸前の三男との2人だけの時間。
すごく貴重に思え、眠るのをやめて2人でお話して過ごすことにしました。



それにしても相変わらずのゆるい陣痛。
痛みの波が来ているときに内診して何度も様子を確かめてしまいました。
陣痛中は卵膜がぷくーっと盛り上がり、波が遠のくとふにゃふにゃと膜の張りがなくなります。
頭はすぐそこなんだけどなぁと思いながら、痛くもないのに「ふーーーーふーーーー」なんて痛みを逃す呼吸をしてみました。
そしたらその度にぐーぐーと下がってくる頭!
な、なんで!?と思いながらもとにかく陣痛のたびに息を吐こう♪と内診を続けていました。
するとすごい発見が!!!!
なんと、痛みのない陣痛がきていないと思っていた時にも陣痛が来ていたのです!
要するに、陣痛が痛くないのです。もうびっくりしちゃって。
とにかく私が感じていなかっただけできちんとまめに陣痛はやってきてくれていたのだと気づき、俄然やる気が(?)出てきました。


午前6時45分
三男と遊びながら「ふぁーふぁー」と陣痛を嘘っぽく(?)逃すその情景。
はたから見ればちょっとおかしな感じだっただろうなー。
けれど本当にずんずんずんずん下りて来るものだから
「このままお布団の上で産むことになってしまうんじゃないか。。いや、それじゃあ後の片付けも面倒になるし、それよりなによりお腹の子を水中に出してやりたい。。今すぐお風呂に移動したほうがいいんじゃないかな。」
なんて考えているうちに破水!
「えぇ!嘘ー!もう~~~!?あわわわわわーーーーー!!!!!!」とバスタオルを股に挟んで大急ぎでお風呂の中へ飛び込みました。


本当にもう頭はすぐそこだったので、浴室に三脚を立ててセットしておいたビデオカメラのスイッチをつけてもらい、スクワットの体勢に少し背中を反らせた感じで入っていました。
と、たちまち本当にいきみたい感覚が襲ってきて、
また「ふぁーふぁー!」とここは必死で逃そうと息を吐き出していました。
実はここが私が今回一番気をつけたかった場面なのです。
次男、三男とも子宮口を出た時点で思い切りいきんでしまい、ずぼん!と誕生。もう一瞬のことでした。ここでいかにいきまずにいきまずにゆっくりと出られるようにしてやれるか。それが私の課題でもありましたし、そのほうがより生まれてくる子にストレスがないんじゃないか?なんて考えていたのです。
そしてついにやってきたこの状況!
で、結果はというと少しましだった程度でした。あははは。
後から思えばふぁーふぁーといきみを逃しているふりをしながらも、声が出ていて少しずついきんでいたのです。
それでもやはりここにくるとどうしてもいきまずにはいられなくなるのですね。
ここでも陣痛の痛みというのはほとんど感じず、それよりなにより、いきみたいのをできるだけ我慢するというのがなかなか大変でした。

そんなこんなであっという間に頭が回転しながらぐんぐん下りて来て
会陰がぴーんと張る痛みがやってきました。いよいよ最後の痛みだー。
あいたたた。なんて思いながらも相変わらず「ふぁーふぁー」なんて言っていると頭がズボン!と飛び出しました。
あぁ息子たちに見せてやりたい!!!瞬間的にそう思い、体勢を仰向けに、水面からお腹が飛び出すような格好で待機。
「長男ーーー!!!!長男ーーーーー!」
と急いで大声で呼びました。
するとだだだあーーーーっとやってくる長男、次男、三男。
「頭でたよ!ほら!!!」と水中を指差すも、入浴剤のハイセンス入り、ジェットセンスのあわあわ水中ではクリアに見えなかったかもしれないな。なんとなくだけれど見えていたのでしょうか。


午前6時48分
そのあとはするするとくるくるまわりながら全身が出ました。
子どもたちに見せようと、自分の体を支えるために4子には手を添えていなかったので、そのままふーっと沈んでいく4子。
まだへその緒から酸素を取り入れているので、急ぐ必要はないのですが、やはりはやる気持ちは抑えきれずにすぐさま受け取り水中からあげました。
破水後わずか3分。あっという間の出来事でした。







そして

ようやく対面できたお腹の中の子!!!!
無事なその姿をしっかり確認したその瞬間
「あぁ!!!!!!!やっと会えた!本当に会いたかったよ!!」
もう言葉では表せない安堵と喜びの思いがどんどん溢れてきました。
あぁ!!
しばらくはその思いでいっぱい。
家族の話す言葉は全く頭に入ってきていなかったようで、しばらくして
ようやく音が耳に入り始めたという不思議な感じでした。



「どっち?男の子?女の子?!」と息子。
あ、そうだった。
約束は忘れていないよー。確認する前にお顔を見てどっちか当てよう!
と長男と話していたのです。
「ふふ。どっちやと思う~~?   ・・・・・・  わかれへんな。」
ということでごめんね、と少し水上へ。
「わぁ女の子や!!」と私。
「わーーーーーー!!!」と息子たち。
「な、やっぱり次男君のいうとおりやったやろ!」と次男。


長男、次男、三男、旦那さん、妹、弟、母、叔母、いとこ
かわるがわる狭い浴室にムスメの顔を見にやってきてくれました。
「かわいいなぁ。かわいいなぁ。よかったなぁ!」って。

みんなが出勤、登園するまでに生まれてきたムスメ。
たくさんの家族に迎えてもらいました。
君の選んだ日はこの日だったのかー。この時間だったんだねー。



↑ばあちゃんとご対面。



周囲の声が耳に入った後も しばらく私の頭の中はからっぽのような
言葉に出せない思いでいっぱいの なんというか錯乱状態のような感じだったような気がします。
その状態も少し落ち着いた頃、息子たちの方に意識が向けられるように。
長男も次男も、下の子が生まれた瞬間は明らかに複雑そうな表情を浮かべていたので、
三男ももしかしたら生まれるときになったら寄りたがらなくなるかもしれないな
と予想していたのですが、これが意外に一番身を乗り出してきたのが三男でした。
「おてて~~~!あし~~~!おみみ~~~!!」とどうやらあまりに小さい赤ちゃんの
ひとつひとつに興味津々の様子。
お風呂入る?と聞くと「入る!」と次男と三男。
一緒に入った次男と三男は、そーっと妹のお手手をにぎっていました。
その時長男はといえば、  そういえばどこにいった? といつからか姿が見えない。
長男にも来て欲しくって何度も家族に「長男は?何してるん?」と聞いていたのですが
何度聞いても「うーん。なんか一心不乱に絵を描いてる」という返事。
待って待って待ちわびた妹の誕生を目の当たりにし、あまりの興奮を絵を描くことで
なんとかコントロールしていたのでしょうか。


上の絵がその時の絵。妹を描いていたそう。





vol.3後産編へつづく。





関連記事

Comment

meg | URL | 2007.12.16 12:13 | Edit
はじめまして。
ご出産の少し前から、手作りのベビー服を楽しみに通っておりました。
出産の記録も続きをとっても楽しみに読ませていただいています。
私も、もうすぐ産まれてくる我が子のために少しずつ手作りでベビー服を作っています。
手作りのこと、子育てのこと色々参考にさせていただきたいです。
また、おじゃまさせてください。
よろしくお願いいたします。
lucca | URL | 2007.12.17 12:35
★megさんへ

はじめまして^^
楽しみに通ってくださっているなんてものすごくうれしいです!うぅ。
そしてmegさんももうすぐご出産とのこと!!本当に楽しみですね!!
おなかの子を想像しながら作るてづくりは本当に幸せですよね。
どうぞこちらこそ仲良くしてくださいね!
それにお子さんとムスメも年が近く、いろいろお話できたらとってもうれしいです♪
また私も遊びにいかせていただきますね^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する