FC2ブログ

我が家の健康管理の方法。

0712.jpg


春先の写真になりますが、こちら 我が家の日常風景。

この日も気づいたら三男が自分から足湯をしていて
「あ、本調子じゃなかったんだね。」と初めて気づく私。笑
鈍い母親?! じゃぁ決してない(はず。いや、すごいおおざっぱなのは確かか。笑)で、体質良く生まれた
息子たちは風邪をひき、発熱してぐずるっていうことが本当に少ないの。体弱めの私は羨ましすぎる彼ら。

でも本当に本当に冷え取り健康法のおかげ。

0712_2.jpg


冷え取り健康法って、かんたんん言うと
「体温を上げて排毒できるからだをつくる。自己治癒力をあげる。」
ということです。

今は色々な健康法や健康情報があふれているけれど、
何をするにしてもまず外せない一番大切なことが
「体温をあげる」
ということだと思っています。

平熱が36.5分以上あって始めて体内の酵素、免疫は正常に活発に働いてくれる。
昔しの鼻たれの子供はいつでも平熱で37度前後あったそう。
そういう子供たちは免疫力が高く、風邪をひいても自分のからだの力ですぐに治してしまうんです。
(作られたお薬が治してくれるんじゃない、自分の体が本当は治しているんですね~。えらいなぁ。)

なので私が何より気をつけていることは
こどもたちの体温をあげる。冷えたら足湯、半身浴で芯からあたためる。
風邪をひいてもからだの治癒力で治せるのでその力を邪魔する薬は一切入れない。
ということくらいかな。(厳密に言うととにかくお腹にいる間、私の妊娠中にとことん実践しましたが)


今ではもう完全無農薬の食べ物を食べることも、徹底することも
難しい。これだけ地球規模で汚染されていては空気、水、野菜からどんどん入ってきてしまうんですよねー。悲しいけれど。でもある程度はもうしょうがないんだよね。。。もう。
そういう我が家も外食もすれば、色々なものを有難くいただきます。
除去するっていうことはできない。

日々生活しているのだから色んな 毒素 は誰だって体内にたまる。薬を飲まなくっても添加物は少なからず摂ってしまっているし。。。

それを常に出せる体であること。
それが大事じゃないかなと思っています。
でも じゃあどうすればいいのか。。。よくお尋ねされるのですが
うちでは保温力のある赤松のオイルと沖縄のあら塩の入った100%天然の入浴剤を入れての足湯、半身浴がベース。(完全に信頼できる高陽社の冷え取りを10年以上実践しています。多分一生。お勧めも私にはこれ以外ない…母はアドバイザーです^^実は他にも欠かせないグッズとでもいうものがあるのですが。また)


私が赤ちゃんを産み落とすのももちろんこのお風呂の中です。
空気中より清潔で安心。
子どもたちやペットはなぜか小さい頃このお湯をがぶ飲みします。笑

もうひとつ、欠かせないのが水。
FDAで世界で初めて認められた海洋深層水を常飲しています。
このお水(マハロ)ももちろん100%無添加で、体内のミネラルバランスとほとんど同じ。人間は海から生まれたのだから当然のことなのかもしれません。。。



なにより私が感動したのが 「羊水とおんなじお水」だということ!!
今環境の悪化、添加物、合成洗剤、化粧品などの害により、
お母さんの羊水がすごく汚染されてしまっているそうで、そんな汚染された羊水を飲んで、浮かんで10ヶ月間過ごすせいで
どんどん体の弱い子が増えているそうです。
(妊娠中のこととか書き出すととまらなくなりそうなのでまた。笑)

0712_3.jpg


体があったまるといらいらもしないので穏やかなのかな。
とってもうれしそう^^
私が何よりありがたいなぁ幸せだなぁと思うことは 母親の私が病院通いの苦痛を味わわずに、また子供たちに味わわせずにすむということや、子供たちが日常的に不快な状態をほとんど体験せずにすむということ。体に不快がほとんどない状態で、遊び、学び、過ごせるのは最高です(私や親姉妹が本当ばかみたいに体が弱いのでよくわかるのです。)

今は私も足湯をしておいしいお水を飲んで
「お腹の子もこんな風に喜んでのびのびしてくれているかなぁ」
なんて想像しながら冷え取りに励んでます。

冷え取りのおかげで陣痛の気持ちよさを体験できたり、
びっくりするくらいお産がらくだったり・・・・
また書かせてください。笑(でた、お産マニア!)
関連記事

Comment

カルテロ | URL | 2007.07.12 15:12 | Edit
こんにちは。
いつもほんとに勉強させてもらってます。
息子はほんとによくカゼをひく子なのですが、それもこれもまず最初、私がお腹が大きかった頃の自身の健康管理がなってなかったからかも…?
なんてluccaさんのブログを拝見していると思ってしまいます。

冷えとり、ほんとに体に良さそうですね。
私ももうちょっと勉強してみるかな…。
ショコラ | URL | 2007.07.12 18:54 | Edit
luccaさんのところの息子君たちはおおらかそうで、のびのび育ってる感じがブログから伝わってくるわv-238
冷え取りって大事なんですね!
それでお産が楽になる!!!
そりゃ、今の私が一番しなきゃならないことですね!!!
子供達が発熱したときも、脇の下を冷やしつつ足湯したりすると良いのかな?
私は発熱すると、ついつい熱を下げようとしてしまいます^^;
ひろみ* | URL | 2007.07.13 03:32 | Edit
そうなのよね、そうなのよね。
今は子供たちの体温の低下が
みられているらしいよね。
うちの子たち(特にうちは長男、今次男ベビー
が咳き込んでるの~良くなってきたけれど)
お姉ちゃんは割と元気だけど
長男は・・・・・
一度、風邪をひかせちゃうと
重症になると肺炎までいっちゃうの。

すごいなー。
そうだよね!体温を上げてあげることだよね!
luccaちゃんのところは、本当にお勉強になります^^
ついつい、薬に頼っちゃうんだけど
自己免疫能力ってあるはず!
ワタシも小さな頃は、病院なんて風邪で受診しなかったもの!
やはり、妊娠期間の母親の体調管理が
ものをいうんだね。
うちの場合は、それはもう無理(?)なので
体を温めた食事をさせるとか
お風呂で温めるとか・・
自分でできる事からやってみよう!!!

羊水と同じお水の話!すごいな!
そのお水でluccaちゃんもお産されるのね。
感動だろうね。
大切な家族と共に新しい赤ちゃんを迎えるだなんて!
ほんと、不思議で不思議で
興味深い話ばかりよ。
元々は自然の中で生きていたんだものね。
今は手を加えすぎなんだよね、きっと色々と。

lucca | URL | 2007.07.17 18:46
わわわ~~~!こんにちは^^

ほんと色んな要因ってあると思いますが、あっためることって本当に大切みたいです。
ただうちは冷え取りを知ってから授かって産んだ息子たち以外家族みーんな体が弱くって、でもそれも自分たちの学びになっている部分もあったり、だからこそ今があったりもします。

ただ、防げることがあれば知っておいて防ぎたい。
ってやっぱり思います。

とにかくとっても気持ちいいんです^^
lucca | URL | 2007.07.17 18:50
こんにちはー。

我が家は私が一番こどもみたいで。。。苦笑
いつも子どもたちの懐の広さや愛に助けられてます。

そうそう、もーーーーーーーお産の効果といったら!
最高です。笑
夏妊婦は冬よりずっと冷やしてしまうので気をつけなくちゃなんですよー。

熱ってやっぱり高いと早くさがってほしーって思っちゃうんだけど体が戦ってくれている証拠だからここをぐっとこらえて水分補給だけ気をつけて見守るしかないんですよね。解熱剤ってとってもこわいみたいー。
といいつつ、私も初めての子の初めての発熱では母を呼んじゃいました。笑
lucca | URL | 2007.07.17 19:00
こんにちは!
そうそう、平熱35度台っていうのもすごく多いみたいですよね。

うちも一番最初の子の長男がやっぱり3人の中では発疹でやすかったりしますよー。
でもこどもっておとなより全然汚染度が低いしとても本能的なので体質改善もずっとあっという間ですよね!
冷え取りもちょっとしたこつとかグッズとかあればもう効果は何倍にもなるのでぜひ試してみてくださいね~~!またご紹介もしていきたいなって思ってます^^

羊水、今日も関係者の方から今の妊婦さんの羊水は本当に汚くてくさいってお話を聞いたところなんです。。。
自分で気をつけなくちゃいけない時代になっちゃったんですねー。うむむー。
Comment Form
公開設定

プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する