スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前は子どもがもってくる。


LOMO LC-A/AGFA VISTA400


今回は四子さんがお腹に入る直前あたりに名前が決まった。
お腹にいる間から家族の一員としてより身近に接したくて。

今までは男の子でも女の子でもいけるようなあだ名
「花太郎」とか「タロ子」とか呼んでたの。笑
これがなかなか 妊娠中ずっと呼び続けていると愛着湧いちゃって
顔見ていざ名づけってときにつけたくなってしまう。



生まれる日は子どもが決めるように、
名前もこどもが持ってくるって思っている。

長男は私の陣痛中に暇だった夫が 私の弟と名づけ本を見ながら
これ!って選んだ。

次男は生まれてから名づけの本を見ていた夫が
「どうしてもこの字を使いたい!」と言ってきてその字を使って音を決めた。
(なぜこの字!?っていう字だった・・・)

三男はずっとお腹の中から女の子の名前を呼んでいたんだけど
(受胎を知らせてくれた当事3歳の長男が女の子!と言って信じてしまったため。)
出産間じかになり 男の子かもしれない!!!と私が一瞬で決めた。


今になり名前と子どもたちを比べると、不思議なことに
音の響きの雰囲気と性格を持っている。



そして今回
なまえの音と私の変化から想像するに…
あれこればばと盛り上がってます。

それにしてもお腹の子の名前は上の子たちでちらりちらりと
出てきたことのある名前だったのだけど、なんとなくしっくりこなくて
却下。
それが今回は これ! という感じだったのでおもしろい。

もしかしたらあのとき 今お腹にいる四子ちゃんの存在で頭をかすめていたのかもしれない。。。
と今思った!    いやぁそうなのかー!



あぁそれにしてもどうして」まだ見たことないお腹の子がこんなに
かわいいんだろうな。


(写真は去年夏。)
関連記事

Comment

はま~ | URL | 2007.06.11 11:52
名前って不思議なんですね~。
特にluccaさんのお子さん達は。

“受胎を知らせてくれた当事3歳の長男”?
そういうことってあるんですね!

luccaさんの日記は自分からすればすごいなぁって感じたり、新しい発見が多くて面白いです。
でも多分、本当は人間が本来持っている力であったり、人間は自然の一部っていうことを感じて体験されてることなんでしょうね。
うまくは言えませんが自分もこういう感性を持って生きたいなぁと思いました。
lucca | URL | 2007.06.12 17:42
一生呼び続ける名前だから
やっぱり大切ですよね。

そう!言葉の早かった長男は小さい頃からおもしろいことをよく言ってくれてたんですよ。
その中でも三男の妊娠がまだまだわかんない時期に突然「父ちゃんに卵ぽんっていれてもらったん?お腹にあかちゃんいてるよ。」って教えてくれたの!

えぇぇぇ~~~~!!ってびっくりで
おかげで 本当に妊娠したかなぁと1ヶ月そわそわせずにすんだのです。笑
子どものうちは大人には全く見えない部分が当たり前に見えていたりするみたいで、 とても羨ましい。

特に妊娠中ってお腹に別の人間がいて それはそれは不思議な時期なので本能も研ぎ澄まされるみたいで。
それがまたおもしろいんです。
いつもいつもお腹の子や子どもたちのおかげで色んな自分を掘り出してもらっているって感じです。

そだ、はま~さんは妊娠はできないけれど、奥さんの妊娠がうつる(?)ことパパには多いみたいですよ!
そのとき楽しんでみてください。笑
って変な提案ごめんなさい~笑
Comment Form
公開設定

プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。