2007年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 初めての変化。(05/28)
  3. きゃらぶき作り。(05/26)
  4. エアバギーmimi 購入。(05/25)
  5. ジャム作り。(05/24)
  6. 散歩(05/22)
  7. 妊婦健診。(05/21)
  8. 農業実習(05/20)
  9. 胎動本格開始。三輪バギー(エアバギー)購入。(05/18)
  10. 菜園ノート(虫の被害。プランター)(05/18)
  11. 自分で健康管理をする幼児。(05/18)
  12. 菜園ノート(実家のプランター編。種まき)(05/17)
  13. 5ヶ月。(05/15)
  14. 菜園ノート(種蒔き。発芽のこと)(05/14)
  15. 整体の勉強会へ(05/12)
  16. 赤ちゃんがえり(05/10)
  17. 写真がすきi。(05/09)
  18. 何にでも夢中になれる次男。(05/09)
  19. 思いやり。(05/08)
  20. 菜園ノート(今日は種蒔き)(05/08)
  21. 自分でないところの意思。(05/07)
  22. 母の日の絵。(05/07)
  23. ベビ、身長15センチ~(05/05)
  24. HP再開。。。(05/04)
  25. 菜園ノート(05/03)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての変化。





アップダウン散歩コースを歩き続け1週間。今日はついに体がすんごく軽くって、やった~!という感じでした。今までは結局毎日続けることをしなかったから 次に歩いたらまた1から筋肉痛になったりということを繰り返していたんだけど、今回はついにやりきることができました!

もうこうなったらしめたもので、歩くことがとっても楽しくって気持ちいい!あるかずにいられない。それだけではなく今回は とにかく絶対にやめないで歩き続ける!!!と心に決めてます。
このことに限らずに、怠け者の私が4子ちゃんがお腹に入ってから本当に意志が強くて自分で驚くほど。自分で産むのが3度目になるからか、今までにない緊張感があるというか、更に自分で産むという責任の重さを感じているのだろうか。「自分で産むのだからやる!これぐらいできなくてどうする!」と常に厳しい自分がいます。

そのほかの変化として とにかくなぜかやたらと正義感が強い。間違ったこと、理不尽なことがあると本当に悲しくなってしまう。そして人見知りがなくなり、それどころか人と会話をしたい。ということ。
これは妊娠前には全くなかったことだから、本当に自分であって自分でないような不思議な感覚になってしまうのです。
自分でもびっくりするような感情が日々沸き起こってくるという感じ。

う~ん。本当に一体どんな子が出てくるのか楽しみで楽しみで。



今日は晴れているのに風は冷たく、からっとしていて気持ちの良い日でした。そんなわけと今日は色々あって4時間も歩いてしまいました…
臨月に入ってからがんがんやってもちょっと遅い。というのは長男で体験済みなので、今回は中期に入った段階から生まれるまで楽しく動き続けようと思っています!




関連記事
スポンサーサイト

きゃらぶき作り。




山吹を使ってきゃらぶきを作りました。
実は2度目。前回は家の裏に自生していた山吹を収穫して作ったのですが、あくぬきがうまくいかなかったのと、最後の最後で焦がしてしまって失敗。。。ふきの風味満載で食べられることは食べられるのですが、その後農業実習で頂いたきゃらぶきがおいしくってリベンジすることに。

レシピは前回と違うもので「E・recipe」というところのどこかにのっていたもの。



●材料 4~5人分
山吹300~350g(山吹の量は、葉、堅い部分を取り除いた残りの量) 
昆布10cm角1枚 赤唐辛子1本 水400ml <調味料/酒・100ml みりん大3 砂糖大2 しょうゆ100ml 酢大1>

●作り方  
1 山吹は葉と根元の堅い部分を切り落とし、太い山吹の場合はザルに広げて1日くらい陰干し、少し水分を抜く。
2 3~4cmの長さに切って水に放ち20~30分おき、ザルに上げる。
3 たっぷりの熱湯に入れ、再び沸騰すれば、そのまま常温まで冷ます。水気をきって水に放ち、時々水を替えながら、又は少し水を流し入れながら2~3時間さらす
4 鍋に水、昆布を入れて中火にかけ、沸騰すれば昆布を取り出し、いったん火を止める。昆布の粗熱がとれれば3~4cmの長さの細切りにし、鍋に戻す。<調味料>を加え、中火にかけて沸騰すれば弱火にし、10分煮る。
5 赤唐辛子を半分に折って加え、水気をきった山吹を加え中火にし沸騰すれば、火を少し弱め常にクツクツ位の火加減で、少し汁気がのこる程度に気長に煮る。



なんと!赤唐辛子を入れ忘れたことに出来上がってから気づいたのですが、きゃらぶきらしいおいしいものが出来上がりました^^
memo
来年は砂糖を更に半量にするか、玄米水あめに代用してみたらどうだろう。

次男三男はぱくぱく食べてくれました☆
関連記事

エアバギーmimi 購入。

ついに思い切って購入した三輪ベビーカー「エアバギーmimi
タイヤが自転車のようなチューブ式になっていて三輪なのが、普通のバギーとの大きな違い。うちの散歩コースはがたごとのコンクリートや歩道だらけで、今までのバギーだとタイヤがロックされたように回転しなくなったり、がたごとがたごととすごい振動があっていやだなぁと思っていました。

それがそれが。さすがエアバギー。今までの振動がなんだったというくらい静かな走りで、赤ん坊を乗せたりするなら本当に安心だなぁという感じ。

写真がちょい暗いですがこんな感じ。
0525_23.jpg

「アバギーmimi」は新しいモデルのようで、日本に合わせてコンパクトにされているみたい。といってもでかいです。付属として前面を完全に覆える UVカットネット、モスキート(蚊よけ)ネット、レインカバーがついているのが嬉しい^^前輪は回転式になっているので方向転換も楽々。

このこが届いてからは毎日欠かさず1時間以歩くようにしてます。
走りが変わっただけでなく、なによりほんとかわいいのでおでかけが楽しくて。
ただ!!!!うちの急な坂道の連続がかなり恐いのです。。。
今までのバギーだったら「押す」という感覚だったのが、エアバギーだとまったくそれがなく、手を沿えるといった感じ。
少しの坂道でも勝手に転がっていってしまう。それを止めながら踏ん張り歩く下り坂。足の前面とお尻付近が筋肉痛・・・本体と自分をつなぐリストバンドは欠かせません!そんなわけで、朝のお散歩で長男に押してもらえることはなくなってしまいました・・・

あんまりな坂道の続く散歩コース。
前輪ブレーキ付の「エアバギーⅢプラス」の方が良かったのかも。と一瞬考えたりしたけれど、それだと更に一回り大きくなり重くもなる。
これ以上だと日本のこの田舎じゃ絶対に不便だし、なによりうちの軽四に乗らなくなる。それを考えるとやっぱりmimiがちょうど我が家にはあっているよう。


そうそう、初乗りの日、三男が乗って一分で寝ちゃったのには本当に驚いた!!今までお昼寝をしていなくてもバギーで眠るなんてこの年でなかったこと。次の日保育所に送った帰りのバギーでもまた寝てました!私も試しに乗ってみたいよ。
それだけ乗り心地の良い安心なバギーだけれど、我が家の場合は主にねんね期を過ぎた子が乗ることになる予定。
というのも生まれたてから歩くまではほぼ100%スリングかおんぶ生活なのです。スリング育児を始めた次男からは乳児の時期に体から離れるのが親子共に不安で。次の子はどうかというのはまだ分かりませんが。


今は私が三男乗せてガンガン歩きたい!という目的があったので、それにはこのバギーはとても合っていたようです。
(次は小型のB型マクラーレン車が・・・笑)



0525.jpg


これがその心臓破りの坂。
左 : 第一。
右 : 第二。これのほぼてっぺんあたりまでいくのです。涙
関連記事

ジャム作り。




息子たちの大好きな苺ジャムを作りました。
約700gで二瓶できました^^
最近は保存食つくりをしていると本当に心が満たされる感じ。
そのなかでも瓶に詰める時が最高に幸せです。

0524.jpg
作りかた

焦げにくい鍋にへたをとった苺と30~70%の砂糖を加え、弱火にかけ1時間。

以上。



もちろん砂糖は30%量でつくってみました。が!それでもすっごく甘くって甘くって。次の日苺500グラムを買い足し、それは砂糖なしで煮詰めて前日のと混ぜました。
まだ甘さ控えめでもいいなぁと感じたけれど、なかなかいい感じに仕上がりました。

写真、見ているだけで甘そうな砂糖の量です・・・恐ろしい。
ジャムの消費量は少ないので、計3つできたうちの2瓶は保存のきく
瓶詰め加工しました。
ん~。でも3息子がガンガン食べて結局すぐに開けちゃいそうですが。

今年は初梅ジュース、シロップ、酒も作ろうと梅待ち状態です。
(私の場合作りたいだけですが、口はたくさんありそうなので。笑)
夏は家で収穫したトマトの瓶詰め保存を夢見てせっせと育て中。
(これはかなり期待うす。うぅ。)


「保存食」 やみつきです。



+++++++++++++++

家庭菜園ねたを、別ブログで記録することにしました。
HPに新しくコンテンツ設けました。
関連記事

散歩


FOMA SH903i


毎日コンスタントに歩いていないのできつい!
とくにうちの周辺のアップダウン…
このぐらぐら骨盤で歩いていいのかちょっと考え中だけど
歩いている時はやっぱり気持ちが良い。

ついに今日から相棒になったこのピンクのやつ。
かわいすぎる!!
このこのことはまた後日☆


関連記事

妊婦健診。

今日は意を決し、息子3人を連れて普通の産婦人科へ行ってきた。
疲れた。。。。


母子手帳をもらいにいき、そこについている無料健診券を使い、
ほとんど無料で済むと思っていたけれど、
そこの産院ではそれは血液検査に使用し、しかも使用しても
別に5500円かかるという。それに+基本検診料金3000円ちょっと。
そこに子宮ガンとおりもの検査。。。。

断るのに苦労した。


妊婦さんしかいないはずの待合室なのに雰囲気はなぜかすごく悪く、
息子3人を静かにさせなくちゃと気を使った。
とはいえ、超音波映像を見た長男はすごく喜び、
「手は?足は?これなに????男?女?」
と興奮して医師に質問攻め。
まぁよかった かな。ということにしておいて。

それにしても。。。
どうして膣の洗浄や検査を一言の断りもなく勝手に進めてしまうのだろう。
不快で不快でしかたがなかった。。。
今回はある理由からがんばっていってみたのだが、もう2度といかん!
とやっぱり思ってしまった。
(三男の中期に一度いった健診でもひどい目にあっているので、
本当に健診は無駄が多いというだけでなく恐怖なのです。)

ただ、私自身もきちんと超音波映像を確認し、
元気に存在している4子ちゃんを見れたことはほっとできた。
やはり多少の不安はつきもの。これは妊娠回数を重ねるほうが、
いや、色々な現実を耳にする機会が増えたからかなのか。


今回は週数もたっているので、性別もある程度はっきり分かるようで。
でも長男はあれほど聞きたがっていた性別のことも、最後にはどうでもよくなったのか
すっかり忘れちゃってる^^

関連記事

農業実習




子どもたちの楽しみにしていた月1回の農業実習へ行ってきました。
朝から日も照らずに肌寒かったけれど、お昼前くらいからお日様が出てきて農作業にはちょうどよいお天気だった。

なんだか三男と天道虫を探して終わったような日だったけれど、
長男は畑に見向きもしなかったけれど、
次男はかえるが見つからないと草刈のやる気もなくしてしまったけれど、
それぞれなりにとっても楽しんで遊んでいました^^


いつも楽しみにさせてもらっているお昼ご飯




今日もとっても体にしみこんでおいしかったです。
ごちそうさまでした!



今日はバジルの苗をたくさんいただいて帰ってきました。わ~い!
明日も畑の大根を一緒に守ってねと次男にお願い。

農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ 農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ
木嶋 利男 (2006/01)
家の光協会
この商品の詳細を見る


図書館で借りたこの本をぱらぱら見ていると
「夏まきダイコン+ローズマリー」
の組み合わせの育て方がのっていた。
コンパニオンプランツはそれぞれの植物のまき時期を計算しておかなくちゃいけないので、
今からじゃ遅いものが多い。
春の菜園開始前から計画しておけばよかったのだけど。

けれどこの組み合わせは今から間に合いそうなので早速試してみよう☆

ダイコン自体はやっぱり秋まきっが育てやすいみたいだけど、
うちの庭は秋の終わりから春になるまで日がまったく当たらず、
冬の菜園はできない。
なので春夏が勝負!だったりする。

今年は冬は赤ちゃんも生まれたてで小さいからできないけれど、
来年から近くで貸し農園とか借りられたら楽しみも増えるな~と
考え中・・・







関連記事

胎動本格開始。三輪バギー(エアバギー)購入。

ぷくぷくぷくと、明らかに腸の動きか迷わない動きを感じるように。
かわいさも更にむくむく膨らむのが胎動。
左側ばかりなので、少し左に寄っているのかな?


長男はやはりまだ完全に居るのか信じ切れていないようで、
少しでもお腹が大きく見えるととても嬉しそうにする。
今はスパッツや腹巻の重ね着でたいてい着膨れているだけなんだけど。

ある日には色んな姿勢で動きすぎ、いつもより骨盤周りがぐらぐら。
私が痛がっていると色々質問してきて、その話の流れで
「母ちゃん お腹に赤ちゃん入るとなんでかぐらぐら~って
なるんよ~。赤ちゃん入ると体がすぐに変わるみたい。
それに筋肉弱いからなぁ。。。」
と言うと
「え!?ということはやっぱりお腹に赤ちゃんいるってことやんなぁ!」
とすごく嬉しそう。
え?信じてなかったの?とその時ちょっと笑えたのだけど、
今は2年前と違い、感じ取れないんだなぁ~。

対して4歳なりたての次男は 「いま起きたね~」
なんて言ってきたり。。。

三男はお構いなく蹴ったり乗ったり跳ねたりしてくるけど
「セナちゃん痛いよ~」というと はっとして飛びのいてくれる。

今はそんな感じ。
お腹が本当に目立つまであと2ヶ月はかかりそうだしね。




無駄な脂肪を落としていくことを決意してからの一週間後測定を先日した。
無事600グラムマイナス。
といってもこれくらいはいつでも変動のある範囲なんだけど、
とにかく少しでも落ちていれば励みにもなり楽しくもなってくるというもの。
歩くこともそうだけど、楽しくなればこっちのもの。

太っていて得をすることは何にもないもんね。
とりあえず食べた後にすぐ息子たちと寝るのをやめるだけで
変わってくるもんだなぁ。って、それひどすぎたね。笑





話代わり、久しぶりに大きなお買い物を!
ようやく!ずっと欲しかったエアバギーを購入。
バギーは4台ほどいままで使ったけれどすべて安物買いの銭失いってやつだった。

三男を乗せての散歩が多くなり、今のB型バギーじゃぁもうストレスストレスで、これじゃあ散歩もできなくなっちゃう!
ということで、三輪バギーの購入にいたった。


関連記事

菜園ノート(虫の被害。プランター)

虫の被害の様子と
本を参考に作ってみたプランターの土。
そしてプランターへの種蒔きの記録。

+ Read More

関連記事

自分で健康管理をする幼児。






体質の悪かった私だけど、長男の出産する4年前から
冷え取り健康法をライフスタイルとしはじめたおかげで
体質の良い子たちを産み育てることができている。

息子たちは今まで風邪や発熱で病院のお世話になったことがなく
もちろん薬も入れず、予防接種も受けていない。
そんな暮らしを実践できているのもさまざまな体験や裏づけ、
先輩のおかげであるのだけど、
そんな息子たちは小さい頃から自分で体を調整することを知っているので
本当に楽に子育てさせていただいている。

3人とも見事に同じ時期にし始めたことが
1歳半で体の冷えを感じたら自分で足湯をするということ。
うちの足湯器はふくらはぎまでつけることのできる大きめサイズのふたつき。
いつも温度を一定に保っておけるもの。
どうやらそれに自分でよじのぼれるようになるのが1歳半らしい。

最近まで保育所でも胃腸のウイルスはじめ、ちょこちょこと
色んなものが流行っていて、先日夕方次男を触ると熱かった。
37度後半といった感じ。
だけど次男はどれだけ熱を出しても赤ん坊の頃からケロっとしていて
そのうち治っている子だったのでそのまま何もせず
遊ぶがままにさせていた。
私がしてやることは冷えないように衣服の調整、水分を摂っているか見てやる、
食事を粗食にしてやるというくらい。といってもそれらはたいてい自分たちでやっている。
( はしかや高熱のひどい時は天然100のサプリメントを摂らせてやりますが。)
元気に遊んでいたけれど、夕食時早々に食事を切り上げ
「母ちゃん、お腹痛いから寝てくるわ。」
と立ち上がる次男。
やっぱり。本能の鈍っていない子どもはきちんと食べる量も自然と調節。
それだけでなく、息子たちはいつも以上に勝手に足湯をしたり、
朝晩だけでなく、昼間も半身浴をしたがったり。
本調子じゃなさそうな時は、言わなくても自分で1時間くらいつかって
あったまっている。

そうして勝手に寝て朝いつもどおりに起きてくる次男。
もういいらしい。笑

日々健康に気遣っていても誰だって熱くらい出すし、風邪にもなる。
(保育所の先生でも 気をつけてるのにね~(どうしてでしょうね)なんていう人がいるが、
生きているんだから熱もだすよ。笑)
けれどそんな調子で自分で調整してくれるので本当に楽チン。

大人になってから持っている体質を改善しようというのは本当に大変。
けれど生まれる前、お腹にいる時に気を使ってやるだけで
こんなに違うんだと日々実感する。
この子達を見て冷え取り健康法に興味を持ってくれる人もいて
実家の冷え取りサロンに遊びにきてくれたり。
そんなこともあり、やっぱり昔のお産婆さんのように冷えの恐さを
訴え、冷え取りの方法を伝える助産師になりたい。
助産院を開きたいという夢はふくらみ続けるのだったりする。









関連記事

菜園ノート(実家のプランター編。種まき)

実家にプランターが山積みで放置されてたから
土を詰めて種まきを。

保険みたいなもんで。
合計9個の標準プランターの中身を。

+ Read More

関連記事

5ヶ月。





お腹のコは5ヶ月に入ってます。
成長速度が本当にびっくりするほどで、
3、4日前に突然!お腹がポコん。すごく嬉しい。笑
妊婦のお腹がめちゃくちゃ好き。

体のほうはぐらつき力の入らない骨盤周辺以外はいたって元気!
睡眠も2ヶ月間も夜8時までに(!)寝て朝6時に起きる生活だったのが
そこまで寝なくても大丈夫!になり、夫との時間もちょいととれて
夫婦の方も平和な感じになってもきたし、それによって
私の精神も安定。
一時初期にも関わらず張ることがあった子宮も今ではすっかりゼロ。
でもやっぱりよく寝るし、睡眠が不足するとすぐ体に支障が。

PCもその頃は15分くらいが限界だったけれど、今はずいぶんと平気に。
とはいえ使わないに越したことがないのでもちろん体が嫌がれば触らず、
普段は30分長くて1時間までかな。


さてさて。
5ヶ月に入った朝に体重測定。
妊娠してからは増えていないけれど、それまでについた6キロ近くの余分なもの。
ちょっとここらで真剣に落とします。
自慢じゃないけど上の3人では妊娠中10キロほど体重が増えました。
情けない・・・でもねぇ(言い訳)普段でも冬越したら太るんだよ~。
3回とも秋口妊娠春出産だもん。絶対太るよね・・・
でもでも、もう今回こそは5,6キロ増に抑えて
お産の軽さの違いを比べてみたいの。
やっぱり産道につく脂肪がずいぶん違うだろうから、その分更に
「へ?」っていうようなお産になる気がしてとっても興味がある。
(あ、ただ女の子だったらそれだけで楽だろうからあんまり比較には
ならないかもなぁ。性別は生まれるまで分からないけど。)

そしてもう一つ試したいのは 体重増加を抑えると赤ちゃんの体重も少なくなるのか?ということ。
というのも出生体重が長男3574g。
次男は1週早く生まれてそれより大きかった(ばねばかりで計ったので正確ではない)
三男は3週早く生まれても3000gくらいあった・・・
でかすぎる。。。
そう、どうやら妊娠すると(いや、もとからか)私の骨盤はもんのすごく広がりっぱなしらしい・・・
整体でも言われたんだからほんもの。
あぁだからみんなおっきくなるんだ~って思ったけれど、
やっぱり2800gくらいで産んでみたい。
や、でもおっきいと育てる分には小さいよりすんごい安心感があるけど。 うん。結局どっちでもいいけれど
とにかく抑えようということで今月は2、3キロ絶対に落とします。
間食をやめるだけでそれくらいは落ちるはず。



ということで一ヶ月がんばります~。



関連記事

菜園ノート(種蒔き。発芽のこと)

まだまだ変わらずに試行錯誤しつつ
種蒔きを続けています。

最近の畑の様子を。

+ Read More

関連記事

整体の勉強会へ




今日は母の師匠の勉強会に参加するため母妹と京都へ行ってきました。

さて、母の受講中の整体の講師の勉強会。
話に聞いていたとおり、本当にエネルギッシュな人々の集まりで、それぞれが個性豊か。
本当に素敵なものだった。
それぞれ大好きな 得意な分野を持ち、みんなでシェアし合い、
向上しあってゆこうという仲間の空気は本当に居心地が良かった。

整体に関しては自分の中で色々考えるところがあり、
本物を捜し求めている最中であるので 正直 これはどうなんだろう。
という思いは捨てきれていなかった。
もちろんそれまでに母から聞いていた話で やっとみつけたね! という思いはあったものの、
次男の産後に4件ほどの整体をみて、
まだ納得のいくものに出会えていなかったために、「整体や」ってものを信じきられなかった。

けれど この先生はほんまもんだなって感じたこと、それに
患者さんに対するフォロー、心にあった。
施術された方には、どういう状態であり、どういう施術を行い、
今後こういうったプランで施術をすすめてゆこうというレポートとプロフィールなどの資料を
一緒にお送りするそう。
私が行った整体で、誰一人としてしてくれなかったことだった。
そして一番知りたかったこと。求めていたこと。

自分の体はどうなるのか。出口の見えないことほど不安なことはない。
だからそれを示して差し上げる。

その言葉に目頭があつくなってしまった。
だってそれが本当の思いやりってやつだよね。
本当の思いがあれば、おのずと出てくる行動であるはず。


なぜ目頭まであつくしたのかというと、長男の陣痛中のことを思い出したから。
初めてのお産。できる限りからだとこころを整え、納得のいく自然分娩をしようと妊娠期間をすごしてきたけれど、
やっぱり陣痛は初めてで、初めての痛みと体の変化に戸惑った。
一応マニュアル的なお産の経過の仕方は頭に入れておいたけれど、
そんなもの100%自分に当てはまるわけがない。
自分は今どういう状態で、あとどれくらいでどうなるのか。
それが知りたくて、痛みに悶えながら何十回と付き添ってくれていた助産師さんに経過を聞いた。
助産師さんは苦笑いしながらも、なんとなくのあやふやな返事をしてくれたけれど、私はそれでも納得できず、
この痛みがどれだけ続くのだろうと気が遠くなり、その不安により、
痛みに追い討ちをかけた。
その時に 自分がどうなるのか、何をされるのか分からないほど恐いことはない!そう強く感じ、
それ以降のお産はすべて自分で把握できるようになろうと心に決めた。
人任せにすることではないと。

以降次男三男は、内診も自分で行い、お産が近くなると子宮口や
産道の変化はどういったものか、子宮口の開き具合をすべて自分で確認した。
人任せにしなくてはいけない不安がなくなったことにより、
自分で自分の経過をはっきりと理解できることにより、
一切の恐怖がなくなってようやく陣痛の気持ちよさを感じられるようになった。

不安の元はすべてそこから発生するもの。
現状を理解すれば それを受け入れて過ごしていける。
分からないことが一番こわい。
そんな考えを持っていた私だったから、
彼の一言には感激してしまったのだった。





こちらの整体法は、一般的に知られるようなゴキボキするものではない。からだに無理のかからない施術。

私が感じたことは、それはこどもが求めるのと同じような
「お手当て」だってこと。
頭をぶつけて痛がっているこどもに手を当て「いたいのいたいのとんでいけ」としてやると うそでしょ?!って思うほどけろっと泣き止む。
まるでおまじないのようだけれど、本当に癒し治してしまう。

おとなになると、なでてもらったり、よしよししてもらえることってなくなってしまうけれど、おとなにも必要なことなんだ。
だから施術っていうのは ただ単に骨の歪みを正すこと以上に大切な、
心の癒しまで与えてもらえるものなんだと感じた。

その人が気持ちよく生活できるようにとただ相手のことを思い、
手を当てる。
どんな技術より勝る大切なことなんじゃないかなぁと感じた。
私はまだ何も整体に関しては学んでいないけれど、
それが分かっただけで自分の家族にしてやれることってたくさんできたって思う。

いつも体を酷使している旦那さんにもっと手を当ててあげなくちゃ。
今は一番思うのがそれ。ぷぷ。

それにしても楽しかったので
またよろしくお願いします!


注:写真は全く関係ないもの。母に送ってもらうんだけどいつになるかわかんないから別で使いたかったものを一応。
がんばっておくってね~>はは。







関連記事

赤ちゃんがえり




三男の赤ちゃんがえり、というか赤ちゃんごっこ。
これがとってもおもしろい。
教えたわけでもないのに突然はいはいをして家中徘徊。
私もおもしろがって「あかちゃ~~ん♪」なんて言ってやるんだけど
そしたらもう完全に赤ちゃん。
「あ~あ~あうぅ~ばぶ~」
しゃべれなくなってしまうのだ。
といってもあなた、元々まだそんなにおしゃべり上手じゃないでしょうに。
なのにさらにしゃべれなくなっちゃうの!?って感じで本当に可笑しい。
それにはいはいからよじ登ってくる時なんて完全につかまり立ち期を再現。
まだ赤ちゃんから抜け切れていない三男が、赤ちゃんごっこを上手にできるなんて
なんだか不思議~。

なのにお腹の子に私が話しかけてたりすると、一番興味を持って
真っ先にお腹を触ってくるのが三男。

きっと間もなく自分が一番下でなくなるっていうのが彼なりに分かっているんだろうな。
上の子たちもそうだったんだけれど、生まれてからも一般的な赤ちゃんがえりっていうやつは
ほとんどなくって、きちんと赤ちゃんの存在を認めて自分のポジションを理解する。
もういつでもわがままをいっていいわけじゃないんだって
1歳2歳の息子が勝手に理解して私の胸を譲り離れていく姿は
いつも色んな思いでいっぱいになる。
でも いまは甘えていいかな? と時を見計らいながらやってくる息子たち。
ほんとこうやって勝手に成長していくんだなぁ。

ただもちろんほったらかされることはなく、
私がとっても感謝している家族たちの対応の仕方に
 上の子達をとっても大切にしてくれる。
っていうことがある。
両家ばあちゃんも旦那さんも兄弟たちも、みんな当然のように
兄ちゃんになった子たちを気遣ってくれる。
思い切りみんなから愛されている安心感で 生まれたての下の子を
心から大人と一緒にかわいがってくれるんだろうなぁととっても感謝してる。

一番小さい三男にはこれからそれなりに葛藤があるだろうけれど、
兄ちゃんたちが自分をすごくかわいがってくれているように
きっと三男もお腹の子をかわいがってくれるんだろうなぁと
その姿もまた楽しみのひとつ。
関連記事

写真がすきi。




やっぱり写真がすき。
フィルムから遠ざかってちょっと熱の落ち着いていた写真。
デジタルだけど、素敵に撮られている人の写真を見て
デジタルでもこんなに感動できる写真が撮れるんだって知った。
もちろん腕と感性が必要なのだけど・・・
せっかくのデジイチ。
デジタルはやっぱりおもしろくない。なんて言ってないで楽しんでみようと
やっとこ色々いじって試して遊んでます。

久しぶりにまた かわいい息子たちの一瞬の表情や行動を切り取ろうと必死!



レンズが欲しい・・・
標準キットの暗いレンズも持っているんだけれど
やっぱりおもしろいのが明るい単焦点レンズ。
いまはもっぱら50ミリのF1.8のキャノンのレンズ(9000円。激安)使用。
これがね、長すぎてめちゃ不便~~~。
35ミリでいう75ミリ相当(だっけか。カメラ屋勤務してたくせに用語もすっかり忘れちゃった。)
室内とか特に。近くのものが撮れない。

なので!4子ちゃんが生まれるまでに絶対欲しい。
30ミリF1.4。
勤めてたカメラ屋の店長には そんなマニアックなレンズのどこがいい。って言われてたけど
やっぱ単焦点がおもしろい。ズームを使い慣れるとすっごい不便に感じるらしいけれど、
私はその便利さってしらないからなぁ。


写真復活したけれど、家に大量にある写真関係の本を開くのは禁止。
のめりこむとまた欲しいものが増えてしまう~。


追記。
ちょっと調べていたら
シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
これが欲しい。
めっちゃ高そう・・・
広角側で近くにががっと寄って とりたいぃ。
関連記事

何にでも夢中になれる次男。




植物採集に夢中。
車で走れば延々と外を眺めては感嘆の叫び。
「きゃぁ~!あれみて! うわぁぁあ!・・・」
かなり賑やか。笑
一日中次男の声を一言も聞いていないかと思うと
すっかり自分の世界に入り込んで研究。
好きなことや好奇心をたくさん持っているって
それだけで人生何倍も楽しいだろうなぁ。

見ている母も楽しませてもらってますよ。

関連記事

思いやり。





息子たちの本物の思いやりには

はっとさせられてばかり

特に長男の気遣いは本当にやさしくて

私は一生かなわないなぁと

いつも思ってしまうのです。
関連記事

菜園ノート(今日は種蒔き)

2日前の大雨で湿り気のある土。
待ちに待った【果菜類の日】
ようやくタイミングも合い
三男と実ものの種蒔き。

+ Read More

関連記事

自分でないところの意思。




ときどき感じること。

ふと明らかに自分のものではない気持ちが沸き起こる瞬間がある。
今日もそうだった。

おでかけの運転中なぜか突然切なさが。
(旦那さんに会いたい!)
そう想っている自分がいてその次の瞬間
「えぇ?!」とそう想った自分に驚く。
今私がそんな気持ちになるとは思えない。(失礼。)
へんなの。と思いながら運転を続ける。
するとまたすぐに
(あぁはやく帰ってこないかなぁ・・・)
とどこかでつぶやく私。
「え?私が?そんなばかな(失礼。笑)」

そこで気がついた。
あ、セナだった。
この子もまたパパが好きで好きで仕方がないんだ。
それを知ってほっとした。
いつもお腹に赤ん坊が入ったら、必ず夫婦ラブラブになっていたのが
今回は違ったから。
理由は分からないけれど、今回は初期は不安定で
私がそれを感じ取れなかっただけかもしれない。

にんぷ期間はいつも、自分の心とは違う心が働いて
お腹の子の強いおもいに自分を動かされることが多い。
今回はどんなことに興味を持つんだろう。
どんなことをしたくなるんだろう。
何をしたくてやってくる子なんだろう。
そんなことをいつも想像して楽しんで過ごすにんぷ期間。

生まれた後、その子の成長をみながら
お腹の中にいた時の私の行動はこれだったんだ!
と照らし合わせるのが またおもしろい。

自分であって自分でない妊娠期間。
胎児のおっきなパワーを分けてもらえる時期。
このときだけ勘は普段にないほど研ぎ澄まされて
本能がむき出しになる感じ。
これもまたお腹に宿している間だけ、妊婦の特権。

こんなんだから・・・やめられないんだよな。笑


関連記事

母の日の絵。

やっと!連休が終わりました~。
といってももう子どもたちとすごし飽きたというわけではなく、
人ごみの為に身動きできない時期が終わってやれやれという感じ。
なので早速飾られた絵を見にイオンへ。
前日の大雨で外遊びもできないだろうし、今日は思い切りみんなで遊びたかったから
保育所はお休み☆



やっとこれました。
さてさて
2年目の長男5歳の作品が左。


いつも髪をおろしているのになぜに短髪?な私。
大阪のおばちゃん風ヘアーですねぇ。笑
にっこり。色もいまは女の子よりの色使いをする気がします。

で・・・・問題の次男の絵。3才当時のもの。
探す時に次男
「とげとげあるやつ~」と言いながら探してたんで
その時点で「?」な私。
このひげなんですか!?!?笑
にこにことってもシンプルでかわいいんだけど、
「母ちゃんなんでひげあるんよ~」というと
「父ちゃんやで、母ちゃんひげないやん~」と次男。

(う うぉい!!!!!!母の日なんですけど~~~!)笑
と内心私。
なんてことでしょう。
母の日にしっかり父ちゃんの絵を描いてたなんて・・・

関連記事

ベビ、身長15センチ~

上の3人はこまめにマタニティの色んな記録をつけていたので4子ちゃんももっとつけなくちゃ。
すべて自分で体の管理をしていると、あとあと参考になることがとっても多いのです。


4月のあたま、「ん?なんだか自分が安定してきた。あぁ、おなかの子が安定期に入ったんだ!」
って感じたんだけど、その後4月末、再びさらなる安定を感じる。
というのもいつの間にか自分の顔を見るのが嫌でなくなってたんだった。
初期の初期なんてとくに、どんどんと気の強い顔になっていって、もう鏡に映して見たくない!!!
ってくらいにひどかった。
それが性格の鋭さはまぁもうちょっと置いておいて、表情が
とっても穏やかになった。自分でわかるくらいなんだから相当だったの。
あぁようやくふた皮むけたかっていう感じ。
こういうころって、お腹のベビちゃんも奮闘中っていう時期だったりするんだろうか・・・
体内で生命進化をたどるという胎児は、水中から陸地に上がる時、
それはそれは大変な変化をとげるそう。
だってえら呼吸から肺呼吸になったんだもんね。
そんな時期に私はもっとも不安定になっていたのかもしれない。
思い返すと。うんうん。

今までになかったことで本当に申し訳ないなぁと思っていたのが
夫婦仲。 もう修復不可能化というくらいにひどいもので、
どうすればいいのかもわからず、どう努力しても仲はよくならず色々と大変だったけれど、
それも4月末の第二安定期によってぐっと良い方向に向かい始めたんじゃないかなと思う。
やっぱり冷え取りで健康管理をする!冷えをとる!ってことと同じくらい、いやそれ以上かもしれないくらいに大切だってことが
「夫婦円満」!
そういい切ってきて、実際次男三男とラブラブで過ごしてきていた自分が 今回最低だったんだから、もうなにやってるんだかって
やや落ち込みつつ、ひらきなおりつつ。
そんな日々を過ごしていた。でも「今回は仕方ない!」
なんて投げやりにならずにこれからはもう少し向かい合っていこうと思え始めた。

メンタル面ではそんな感じです。

からだの方は そう、ふと胎児の様子を写真集で見てみると
既に身長15センチを越えていたという!
子宮の大きさは赤ちゃんの頭くらいだった。
すごい~~!!あんなにちっちゃかったのに!
安定期に入るまでは胎児写真集を毎日のように眺めては
「いま手の指が分かれだした~!肝臓が~~心臓が~~!」
と感動していたのでもう成長がゆっくりでゆっくりで!
あぁまだ胎生40日目か・・・とかそんな感じ。笑
それが安定期にはいってからは、ぐっと胎児の器官の成長もゆるやかになり、
あとは整えつつ、大きくなっていく。そんな時期なので
写真集もそうそうひらかず、
あれれ。いつの間にかこんなに!と嬉しい驚きがあったのです。
口を開けば
「まだ○ヶ月~~~。早くあいたい~~。」なもんだからな。私は毎度。


そう、びっくりしたんだけど3ヶ月くらいのときに催乳感がちらっと
あったので、入浴中に絞ってみると一滴。
ほんとびっくりした~~!体は刻々と準備をすすめているんだなぁ。
でも外からは子宮の大きさはまだあまり分かりませんん。
断乳後についたたくさんの脂肪で常にぼっちゃりしてるから余計?
でもたまにする内診でどうも子宮がいつかの産後から後屈気味じゃないか
と感じるのでそういう場合は子宮の大きさは若干目立たないのかも
しれないなぁという気がする。さてさて、どうでしょう。後期。

そんなこんなな日々です。
体が少しなまってしまったから、これからは張り切って
保育園を往復し、なによりも間食をやめます!!
今回初めての断乳、そして冬越えで体重が+6キロのまま落ちない。
ほんっと体が重くってこれはやばいです。母乳ってやっぱ最高のダイエットだってほんとまた実感したもん。
とにかくもともととても太りやすい体質なんで、誕生まで減ることはあってもこれ以上増えないように・・・・・
が がんばります。
これくらいの管理はもうしなくては。



関連記事

HP再開。。。

長らくほったらかしにしていたHPですが、
せっかくあるんだし今は余裕があるから使っておこうかな
ってことで、また再開しました☆
はじめはハンドメイドショップやろう!ってことで
作ったのですが、あれよあれよという間に違う方向へ。
でもまだ少しは いつかちょこっとできれば なんて思ってます。

メインブログみたいになってたこのphoto+dayだけど、
もっとどうでもよいつぶやきとか、インフォとかのせていこうかなと
思ってます。

HPはこちら→ 【LUCCA】

ぼちぼち がんがんベビ物マタニティ物も作っていってるので
それもソーイングブログ「LUCCA」でアップしていきます☆
関連記事

菜園ノート

やっとやっと!発芽。
まだかなぁまだかなぁと毎日のぞいていたから
ほんと嬉しかった!

+ Read More

関連記事
プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。