[マタニティー&バース]

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ベビーグッズ : ERGOおんぶひも(03/02)
  3. マクラーレンvolo.(02/11)
  4. お産方法の選択(01/10)
  5. 新しいいのち(01/10)
  6. エアバギー(05/05)
  7. エアバギーmimi 購入。(05/25)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビーグッズ : ERGOおんぶひも

先日ちらっとブログで書いた「おんぶひも」。
その後毎日のように使用しています。
ようやく写真を撮れたので、ちょっとレポを。

育児グッズほど、良かった、良くなかった。必要だった、不必要だった…
と評価の分かれるものはないと思うのですが、
我が家に関して言えばとても気に入っています!

あ、そうそう 肝心なメーカー。
ハワイ生まれの「ERGOベビーキャリア」です。
私はこちらで購入しました。一年保証がついて+円高な今はお徳なようです。





IMG_5972.jpg IMG_5973.jpg


カラーは色々ありますが、私はこちらを選択。
はじめはすっきりブラックをと思っていたのですが、
汚れが目立つだろうなーと思ったので変更。

写っていませんが、ウエストのバックルががっちり大きく
ウエストポーチのようです。
ここがかなりポイントかな?
あと、型紐のクッションもバッチリ!

写真右 : ポケットからこんな布が出てきます。これ、赤ちゃんが寝ちゃったときに
首ががくん!となるのを防ぐ為の布。
ちょうど使用中の写真を撮り損ねていますが…

IMG_5974.jpg


型紐にスナップがついていて、
こうやって布についている紐のスナップと止めつけます。
赤ちゃんの頭を塞いじゃうのです。



これ、とってもいいんですが、おんぶをしながら後ろから取り出すのが、、、
腕が固いと届かない~~!ストレッチせねば状態です^^;
いや、かろうじて届いているのですが いつも「ふんっ!」と頑張っています。


IMG_5975.jpg

財布入れにちょうど良いポーチがついています。
一人だったらおんぶ時は使用できませんが、
私は長男に出し入れを頼んでいます。
便利です。




と、構造はこんな感じです。

さてさて、肝心の使い心地はというと、
キャンプのあの縦長のごーっついリュックをイメージしていた私は
「う、うそ!?」と拍子抜けの軽さ!!
肩にずしっっと重みがくると想像していたのですが、それが全くないんです!
ウエストにすっかり分散されるからかな。

あ、ちなみにムスメは只今1歳4ヶ月、9キロちょいと軽い方のようですが
それでもバッテンおんぶ紐じゃー、とてもじゃないけど私は
長時間おぶえませんー。
ムスメはバッテンおんぶも、スリングも、我が子にして初めてほとんど
利用されたがらないベビーだったのですが、
なぜかこのERGOのおんぶひもだと、全然ぐずらずに入っていて
しかも眠いときはコロッと眠ってしまいます!!
普段昼寝なんてしたがらないのに信じられないっ!!!


あんまりに楽チンなので最近はマクラーレンも登場せずに、
ERGOでおぶって抱いて2時間歩いたり、
どこへ行くにも移動が億劫になることもなくって
今後は電車はバスも、気軽に利用できそうだなーと思います。




IMG_6048 コピー



昨日の4時間公園やお散歩にでずっぱり時の写真。
こんな感じで前抱っこにも。
スリング同様、慣れるまで装着に手間取ってしまいますが、
回数こなすのみ、、かな?
そうそう、このERGOベビーキャリアー、実は横抱っこも、腰抱っこも出来て
新生児から使用できるようです。
私はまだよく使い方が分かっていないのですが。


一つだけ残念なこと
それは私が小さすぎるということー涙
身長154cmないくらいの私は、肩紐のバックルをぎゅーっと最高に締めても、
ちょっと大きい感じで、背筋をぴんと伸ばすとムスメがぐらっとくる感じです。
ムスメが小さいということもあるだろうし、ムスメが厚着をしていたら
またちょっと変わってくるとは思うのですが、
これは身長160センチくらいあればもっとバッチリフィットして使いやすいだろうなー
と思いました。うちはきっと旦那さんの方が合うだろうな。まだ試していないのですが。
なんせ私が小さすぎるのです。涙
と、今のところ気になるところはそれくらいでしょうか?
また何か気付いたことがあれば追記します☆





スポンサーサイト

マクラーレンvolo.




B型ベビーカーのマクラーレンvolo(ヴォロー)を購入しました。
ずっとずっと欲しかったもの。4人目にしてやっと良いお買い物をしました。^^;
小さい頃はムスメの妊娠中に買った「エアバギーmimi」が大活躍していましたが、
歩くのが中心になった今、そろそろバスや電車などの公共の乗り物にも
ひょいっと担げるバギーが欲しいなーと思い始めました。

B型の小さなバギーは、以前に4000円しないくらいの安いものを使っていたこともあるのですが
値段だけあって、タイヤの動きの悪さにうんざりしていました。
でこぼこ道、ツルツル道、どちらもタイヤが空回りしたり詰まったりして
とにかくストレスがたまるのです。
次に買い換えるならやっぱり評判の良いマクラーレンがいいな~と考えていました。




IMG_5443.jpg





マクラーレンベビーカーはたくさんのモデルがあるようですが、
B型で最軽量モデルといえば、自動的にvolo.になりました。
私が買ったお店はコチラ(click!
1年保証もついていて、週末セールもあり、また只今円高ということで
予想よりずっとお安く購入できて大助かり!
確か10000円。



さてさて、気になる使い心地はというと
今のところ不都合を感じることが全くないので、
やっぱりとってもいいと思います!
タイヤが引っかかって手で元にいちいち戻さなくちゃいけない~という
以前あったストレスが皆無。
volo.はリクライニングできないタイプなのですが、シートが少し沈み込むような形なので
カラダの柔らかいムスメは気にせずグーグー眠っています。

バスも電車も、方にひょいっと担げるので嬉しい。
ただ!!
話に聞いていたとおり、自立しないのです。
たたんだ後立てかけておいたり、、ということができなくって、これはやっぱりちょっと困る。。
タイヤがくるくる回ってしまうのでどうしてもむりなんですよねー。
そのあたりストッパーがあればいいのですが、
前輪は方向を固定するストッパーはあるけれど、タイヤの回転は固定できないのです。
バスに乗るときに立てかけられず、ぺターンと倒して端に寄せて乗りました。
まあこれくらいは仕方がないかな…

あとレビューに、「たたんだときにタイヤが帆の部分に当たって汚れる」とありましたが
それに関しては気になりませんでした。新しくなって当たらないようになっているのかな?




IMG_5456.jpg

グーグーグー。防寒に欠かせないレインカバーもつけやすくていい感じ。





そんなわけで、うちの2台目バギーレポでした。
あ、そうそう、エアバギーmimiちゃん、その後レポも必要でして
すごく気に入ってはいるのですが、タイヤがちょっと困りもの。
これは後日また。。
おんぶ紐も届きました。
ものすっごくいです!!!これは私の中でスリングを抜いてしまいそうな勢い!
こちらもまたレポします~。(最近歩きすぎで時間がなくって。汗)











お産方法の選択

私は何度も記事に書いているように
長男以外、つまり次男、三男、長女を 自宅のお風呂で無介助で出産しています。
そんな自分の妹が赤ちゃんを身ごもったとき、
一体妹はどいう選択をするのか、そして私はお産体験のある者として
どのようなアドバイスやサポートをしていくのか、
時々考えていました。

私は長男の妊娠とともに、偶然が重なってなのか必然なのか、のめり込むように
自分の体、お産に興味を持っていきました。
長男を個人病院でごく自然に出産した後、
まだ産後間もない頃から、次のお産に向けて勉強と体の準備を始めました。
数え切れないほどのお産、体関係、精神世界などの本を読み漁り、
尊敬する先生に会いに行き、電車を乗り継ぎあっちの勉強会、こっちの勉強会と
数え切れないほど参加し、冷え取り健康法のしくみ、サプリメントの成分、効果効能
自分や胎児への作用を勉強し、、、そして日々の自分のメンタルな変動などを
毎日欠かさず書きとめていっていました。おかげで体と心の変化をよく観察できるようになりました。
胎内環境を整えるべく、日々の食事、運動、冷え取り、体に入ってくるもの全てに気を配っていたのは言うまでもありません。

あの頃は本当に何かに憑かれていたのかと思うほど夢中になって色々なことを吸収していっていた
ように思います。
実際次男に憑かれていた(笑)ようなものですが。

私と次男自身の欲求がうまく重なって突き動かされていたのだと思います。


全て自分で決めて自分で行動し、命を背負う。
そんな覚悟が 長男出産後に勉強を始めた頃から自然と備わっていたように思います。

そんな風にして迎えた次男の出産。
それはそれは、言葉では言い尽くせないほど
ものすごい体験でした。
命の神秘と言葉で言うのは簡単ですが、
それを凝縮して全て感じ尽くしたというような
今思い出しても体の底から震えがとまらない、魂を揺さぶられるほどの感動でした。

その後三男、ムスメ、と同じような体験を重ねたわけですが、
自分自身の無介助水中出産にいたる経緯を思い返すと
当然ですが、誰にでもオススメできるというものではありません。
体験そのものは最高だったので、いくらでもオススメしたいところぐっと抑え・・・


そして今回自分の大切な妹が、自分のことのようであり、自分のことではない
そんな妹が赤ちゃんを迎えました。
正直 ものすごく難しい。
ずっと考えていたことは、私からは何のアプローチもしないだろう ということでした。
自分の中から発生する想いでなければいけないと思っているのだと思います。
「疑問や質問に関してはいくらでも答えるし、自分の体験として伝えることは出来るけど、
私からは何も言えない」ということを 初めに言っておきました。
それを踏まえた上で、やはり妹も私と同じ 「自力出産」 を選択しました。


初めての妊娠出産は特に、たまたま行ったり何かしらの都合で行った病院で産ませてもらう
というのが一般的だと思いますが、
母も子も、産み方産まれ方を選択する権利があり、今こんな時代だからこそ
主体的なお産をされるべきなんじゃないかなと思います。
どこでどのように産もうと、自分で決めるということが一番大切なんじゃないかと…。
そのための努力は必要だし、努力した結果であれば どんなこともきっと受け入れられる。
そう思います。


特に初めてのことだと、いったい何から考えて、何をしていけばいいのか
本当に見当もつかないところからのスタート。
でも今思い返すと、そんなところから夫婦で模索して必死にやってきたからこそ
今があるんだなーと大げさではなくそう思います。
満足いくお産体験があったからこそ、今の自分があるんだな と。

うん。
やっぱり私は見守ることしかできないし、それが私のすべきこと かなぁ。
どうしても答えが見つからないこと、ふとした疑問、体験のシェアなら
いくらでもできます。
それしか出来ないけれど、待ってますね。



と、なにはともあれ
ベビちゃんにおもいを馳せて編み物する姿は 幸せそうでなによりですね*^^*







新しいいのち

以前書いた記事、次男が胎児の絵を度々書いていると記事にしましたが、
実はそれにはちょっと理由がありました。

ほんとーに、突然描き出したので あらまたなんで突然?
ムスメの当時のことを思い出したのかな?
なんて思いながら 何気なく聞いてみました。
「これ だれ~?」
次男 「naho姉ちゃん。(私の妹)」
「へ~そうなんや~    
・・・・    
これはnaho姉ちゃんの赤ちゃん?」
次男「うん」
答えながら黙々と描き続けていました。
それが何日か続いたかな。

それと前後して妹が「ねむいねむい」と
何十時間も眠りつづけていたりしていたので
あー、本当に赤ちゃんがやってきたんだ
と母と一緒に話していました。
時期的に子宮に受胎するかしないかのあたりだったように思います。

そして半月後、
やはり妹のお腹には 新しい命 が宿っていることが
検査薬によって分かりました。
悔しいかな、大人の私たちは彼らのように五感で感じとれないのです…

三男を宿ったときは、当時5歳の長男がいち早く私に教えてくれたし、
ムスメが宿ったときも同じく、こうして赤ちゃんの絵を書き出した次男。
彼らにとっては日常の、なんてことないことのようです。



2008_1125i0182.jpg




みんなに待ち望まれていた妹の赤ちゃん。
既に名前も決めてもらい、とても幸せそう。


お腹にもう一つの命が存在する。
この不思議でとんでもなく幸せな時期を
思い切り味わって、楽しんで 過ごして欲しいと
姉は思います。



++++++++++

なまえ。

私は赤ちゃんがお腹に居る時からすでに家族の一員としてみんなで接していきたいので
早くからあだ名なり名前なりをつけて、いつも話しかけていました。
名前がつくとやっぱり不思議としっかり存在をイメージできるもので、
親子にとっても家族にとってもとても良いのです。
毎日のように接する妹の赤ちゃんも、早く何か名前で呼びたくって
「早くあだ名か何かつけてねー」なんて妹に言っていたのですが、
早くも名前が決定。
妹は「何か宇宙っぽい、宇宙に関係する名前がいいんよな~」なんてつぶやいていて
「ふ~~ん。」なんてぴんとこないという返事をしていた私。
でもあるとき私の弟が
「でもluccaんとこ、みんな宇宙に関係する名前とか漢字ついてるよな。」と一言。
「え~?!うそーー!?      
・・・・・・・・・・・・・・・・・
!!!!ほ、ほんまやーーー!知らんかったー!」
なななんと、4人とも空を見上げて連想する名前が必ずついていたのでした。
ほんとーにそんなこと一切考えずにつけていて、
というか長男は夫がつけたし、次男は私と夫の合作みたいなもんだし
三男とムスメは私だし、気の合わない(?)私たち夫婦がそんな粋なことを考えるはずもなく…
ものすごく驚きそして何だかただの偶然やら偶然じゃないやら
鳥肌物に嬉しかったのでありました。

きっとみんな仲間になるべくしてなったんだよね なんて。


エアバギー




みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。
我が家は毎年旦那さんが仕事なので、
全くいつもと同じように過ごしています。


カテゴリー
【お気に入り】>・育児グッズ
作ってみました。

妊娠中に買った「エアバギーmimi
ただ今大活躍中!!そしてものすごくお気に入りです。
とにかくこの走行性の良さは使い始めるとやめられない。
ある程度大きさも重さもあるけれど、慣れると車の乗せ降ろしもなんてことないです。
ごちゃごちゃした街中なんかに行くと不便かもしれませんが、
そんなところはあまり行くこともないし、
娘も乗り心地がものすごく良さそう。

このタイプはレインコートと日よけカバーが標準装備になっていて
きっちりすっぽり覆えてとてもしっかりしてます。
別売でモスキートネットと、防具もあります。

そしてこの色がまたお気に入りの理由のひとつ。
とにかくかわいい♪



息子たち、特に三男はスリングかおんぶオンリーで、
バギーなんかに乗ってくれないタイプでした。
長男と次男もスリング大好きで、眠らない息子たちを
ほとんど1日中抱っこしていました。
当時はウガンダの親子なんかを目指して(?というか、そうせざるを得ない抱っこベビー)
おんぶも抱っこも慣れれば大丈夫!とばかりに頑張ってましたが、
やっぱり体格も体力も当然違って
今思い返すと よくがんばっていたなぁ私。
と誉めてやりたくなるくらい体がバキンバキンでした。
ずっと肌身離さず密着する良さももちろん知っているけれど、
今は4人の母。
少しでも体の負担を減らして体力を確保するのに必死なので
こうやってお兄ちゃんたちの公園遊びに付き合ってもらっています。
とても助かってます。ありがとう。


今年も酷暑の日々がやってくるまでに、
とにかく山に入り浸って遊ぼうと企んでいるので
そんな場所でもものすごく活躍してくれそうなバギーです。

実は今まで5台ほどバギーは使用してきてますが、
エアバギーは一押し!
ムスメがもっと大きくなってコンパクトなタイプが欲しくなったら
多分マクラーレンを買います。

エアバギーmimi 購入。

ついに思い切って購入した三輪ベビーカー「エアバギーmimi
タイヤが自転車のようなチューブ式になっていて三輪なのが、普通のバギーとの大きな違い。うちの散歩コースはがたごとのコンクリートや歩道だらけで、今までのバギーだとタイヤがロックされたように回転しなくなったり、がたごとがたごととすごい振動があっていやだなぁと思っていました。

それがそれが。さすがエアバギー。今までの振動がなんだったというくらい静かな走りで、赤ん坊を乗せたりするなら本当に安心だなぁという感じ。

写真がちょい暗いですがこんな感じ。
0525_23.jpg

「アバギーmimi」は新しいモデルのようで、日本に合わせてコンパクトにされているみたい。といってもでかいです。付属として前面を完全に覆える UVカットネット、モスキート(蚊よけ)ネット、レインカバーがついているのが嬉しい^^前輪は回転式になっているので方向転換も楽々。

このこが届いてからは毎日欠かさず1時間以歩くようにしてます。
走りが変わっただけでなく、なによりほんとかわいいのでおでかけが楽しくて。
ただ!!!!うちの急な坂道の連続がかなり恐いのです。。。
今までのバギーだったら「押す」という感覚だったのが、エアバギーだとまったくそれがなく、手を沿えるといった感じ。
少しの坂道でも勝手に転がっていってしまう。それを止めながら踏ん張り歩く下り坂。足の前面とお尻付近が筋肉痛・・・本体と自分をつなぐリストバンドは欠かせません!そんなわけで、朝のお散歩で長男に押してもらえることはなくなってしまいました・・・

あんまりな坂道の続く散歩コース。
前輪ブレーキ付の「エアバギーⅢプラス」の方が良かったのかも。と一瞬考えたりしたけれど、それだと更に一回り大きくなり重くもなる。
これ以上だと日本のこの田舎じゃ絶対に不便だし、なによりうちの軽四に乗らなくなる。それを考えるとやっぱりmimiがちょうど我が家にはあっているよう。


そうそう、初乗りの日、三男が乗って一分で寝ちゃったのには本当に驚いた!!今までお昼寝をしていなくてもバギーで眠るなんてこの年でなかったこと。次の日保育所に送った帰りのバギーでもまた寝てました!私も試しに乗ってみたいよ。
それだけ乗り心地の良い安心なバギーだけれど、我が家の場合は主にねんね期を過ぎた子が乗ることになる予定。
というのも生まれたてから歩くまではほぼ100%スリングかおんぶ生活なのです。スリング育児を始めた次男からは乳児の時期に体から離れるのが親子共に不安で。次の子はどうかというのはまだ分かりませんが。


今は私が三男乗せてガンガン歩きたい!という目的があったので、それにはこのバギーはとても合っていたようです。
(次は小型のB型マクラーレン車が・・・笑)



0525.jpg


これがその心臓破りの坂。
左 : 第一。
右 : 第二。これのほぼてっぺんあたりまでいくのです。涙
プロフィール

lucca

Author:lucca
1980年大阪生まれ大阪育ち。10、8、6歳の3人の息子と3歳、1歳の2人の娘の5人の母です。紡ぎ・染め・編み物・木工・洋裁・自家製酵母パン作り、写真、手仕事全般大好き。今年は織りを始めます♪

カテゴリ
タグ

編み物 長女服 2M 手紡ぎ 染め ソーイング EC(おむつなし) ベビー 2Y ワンピース 次女服 布おむつ 

月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。